出会い系サイトから突然、督促状が来た時の対処法!?

最近、登録したのも忘れるくらい昔の出会い系サイトから、

 

督促状が来る被害が増えてるのをご存知ですか?

 

例えばこんなのです。

 

              ↓

 


 

 


 

10年前に、遊び心で登録した出会い系サイトで、

 

当初は、少し利用した記憶はあるけど、今となっては、

 

登録したのも忘れてるくらいなのに…。

 

 

サイト利用料1万2千円、延滞金、サーバー管理費、調査費が加算され、

 

数万から5万円の督促請求が来ることがあるらしいです。

 

 

大昔とはいえ、一応利用しことがある所からだと、

 

ちょっと、不安になりますよね。

 

 

 

でも安心してください。

 

 

これは、架空請求の典型です。

 

 

何らかの名簿を見て、根拠のない督促を行う悪徳業者のやり口です。

 

 

対応は、何もせず…です^^

 

 

こちらから一切連絡せず、様子を見ましょう。

 

 

 

もしこれが正当な請求であっても、商事債権なので、

 

商事債権は5年で時効になるので、請求権そのもが消滅してます。

 

※商事債権とは債権者と債務者の両方かどちらか一方が
会社であるときの 商行為で発生する債権のことです。

 

 

 

 

 

消滅時効の援用も考えられますが、そもそも、架空請求なので

 

対応する必要はありません。

 

 

※消滅時効の援用とは時効の利益を受けるということを債権者
(この場合悪徳業者)に 配達証明付きの内容証明郵便で
 伝えることです。

 

 

 

 

 

ただ、簡易裁判所から来てる督促状は別です。

 

 

 

               この督促状

 

              ↓


 

 


 

これは法律にのっとった督促状なので、しっかり対応しましょう。

 

受け取った日の翌日から起算して2週間以内に異議申立書を

 

期限までに必着させることが必要です。

 

 

 

 

架空請求では、ここまでやらないので、相手側は、なんらかの

 

根拠で出してきてる思います。

 

 

ただ、臆することはありません。

 

 

裁判所からくる支払い督促は、証拠を示さなくても出せるのです。

 

 

つまり簡易裁判所は相手の主張を聞いて、

 

ただ督促をあなたに送ってるだけと言う事です。

 

 

 

なので、その督促に書かれてる内容をしっかり確認し、

 

それに沿って異議申し立てすれば良いのです。

 

 

 

因みに、この督促が来た場合は弁護士さんに

 

相談するのが良いでしょう。

 

異議申し立てをした後は訴訟に突入するからです。

 

無料で相談にのってくれる弁護士さんもいるので

 

気軽に相談してみましょう^^

 

※相談するにも弁護士さんに相談する時に最低限必要な事

 

把握して相談しましょうネ。