弁護士さんに相談する時に最低限必要な事

 

 

出会い系サイトで騙されたお金を弁護士さんと一緒に取り戻すには、

 

被害者であるあなたと弁護士さんが共通の認識を持つ必要が有ります。

 

 

 

 

メールなどで相談する時は、いつごろ誰に、どんな風にいくら

 

騙されたのかを書くようにしましょう。

 

 

 

 

例えばこんな形です。↓

 

 

弁護士 〇〇様

 

 

初めまして、〇〇(あなたのお名前)と申します。

 

 

とある出会い系サイトで高額請求を受けています。

 

 

(サイト名)  いろはにほへと
(サイトURL) http://いろは.com/

 

 

3ヶ月ほど前に上記、いろはにほへとに登録しました。

 

無料ポイントが付いており、その無料ポイントの間だけでも、

 

確実に出会えるという宣伝文句に惹かれ登録しました。

 

 

実際、1人の女性とメールをする事になり、

 

何回か続けていましたが、途中で無料ポイントが無くなりました。

 

 

相手の女性にも強く勧められたのと、後払い請求ができる事などから

 

5000円だけポイント購入をする事にしました。

 

 

その女性とは3回会う約束をしましたが結局、向こう都合で会えず

 

ちょっと喧嘩のようになり、女性とは思えないような言葉で

 

脅されたりしたし、ポイントも、無くなったので、

 

そのサイトを利用する事は無くなりました。

 

 

それから2ヶ月ほどし、そのサイトから請求されてしまいました。

 

請求額は9800円です。

 

 

サイト使用料5000円の他に遅延手数料など諸々の

 

諸経費が上乗せされ、9800円になったという事です。

 

 

詐欺かと思いましたが、ネットなどで調べると

 

出会い系の詐欺ってもっと高額だと思ってたので、

 

すぐ終わらせたいし、関わりたくなかったので

 

カードで支払いました。

 

 

今思えば、これが悪夢の始まりで、それ以降このサイトから

 

1万から5万の請求が数回来ています。

 

 

総額で20万近く払ってることになります。

 

現状でもまだ請求が来ています。

 

 

 

この請求を止めさせ、払ったお金を取り戻す事は出来るでしょうか?

 

 

 

 

こんなに長く無くても良いですが^^;

 

いつごろ誰に、どんな風に、いくら騙されたのかが分かるように

 

ポイントを書いていきましょう。

 

 

あなたにとって、当たり前に分かってる事でも、

 

最初の内は弁護士さんも、事件の概要が分かりません。

 

 

自分の言葉で良いので、いつだれに、どんな形で騙されたのかの

 

事実を伝えましょう。

 

 

相談する時に手元に置いておくと良いものとして、

 

  • サイト名
  • サイトURL
  • 会社名
  • 会社住所
  • 会社電話番号
  • 代表者の名前
  • 担当者の名前
  • メールアドレス

 

 

全て分からなくても良いので、紙で出力するか、
パソコン、スマホなどに画面に出しておきましょう。

 

 

事件の概要を時系列で分かるようにしておく事も大事です。

 

日記のようなものがあれば、より良いのですが、

3ヶ月前に登録し2ヶ月前に1回目の請求が来た…とか

 

〇月〇日に登録し、翌日からメールを開始した…などです。

 

具体的な日時が分かると、なお良いです。

 

 

 

 

 

ただ、相談すると弁護士さんからも上手に質問してくれるので、

 

まずは挨拶だけして、なにを伝えれば良いか、

 

逆に質問してみるもの良いかもしれません。

 

 

例えば・・・

 

弁護士 〇〇様

 

 

初めまして、〇〇(あなたのお名前)と申します。

 

出会い系詐欺について相談したいのですが、

 

どういったことをお知らせすれば宜しいでしょうか?

 

などと書いてみるのも手です。

 

どちらにしても、あなたと弁護士さんが共通の認識を持つ事が

 

大事になります。

 

⇒まずは弁護士に無料相談してみる